ヘッダーロゴ

代わりの画像

疲労回復するための3つの方法

「疲れ」は「疲労」とも呼びますが、日本疲労学会では

「疲労とは過度の肉体的および精神的活動、または疾病によって生じた独特の不快感と休養の願望を伴う身体の活動能力の減退状態である」

と定義されています。

疲れを感じているときは、心身に過度な負荷がかかっている状態です。

疲れは、痛みや発熱と同様に

「これ以上、負荷がかかった状態が続くと体に害が及びます」

という人間が生命を維持するために感じるサインです。

心身の活動を抑えることで体を守ろうとしている状態であるとも言えます。

疲れが発生するメカニズム

近年の脳科学研究により、疲れの発生メカニズムが徐々に解明されてきています。

心身に負荷がかかると、

・副交感神経機能の低下
・酸化ストレスの増加
・修復エネルギー産生の低下
・サイトカインによる炎症と神経伝達機能の抑制

という反応がおき、これらが疲労を起こしています。

疲労は、「末梢性疲労」「中枢性疲労」に分類することができます。

疲労回復する3つの方法とは?
1. 良質な睡眠をとる

睡眠は脳や体の休息時間であり、疲労を回復させるために一番重要です。

質の良い睡眠をとるために、以下の3点を意識しましょう。

① 適度な運動をする
② 入浴で体を温めリラックスする
③ 眠る3時間ほど前までに食事を済ませる

2. バランスのとれた食生活に気をつける

3食バランスよく、ゆっくりよく噛んで食べることが大切です。

糖質、脂質、タンパク質のバランスに加え、ミネラルやビタミン類もしっかり摂りましょう。

3.生活リズムを整える

生活リズムが不規則になると、睡眠の質の低下や、食生活の乱れにもつながります。

ONとOFFとメリハリをつけ、意識して休息時間を確保することが大切です。

ネット予約