ヘッダーロゴ

代わりの画像

変形性膝関節症の症状とは?

変形性膝関節症の症状とは?

初期は歩行時に痛みを感じない方が多く、階段の上り下り、正座などの動作を行った際に痛みが出るという特徴があります。さらに進行すると、就眠時や歩行時、椅子からの立ち上がりなどの動作でも痛みを感じるようになり、O脚に変形が起こったり、完全に伸ばすことができなくなったりします。また、個人差はありますが、患者さんによっては夜間に痛みが現れたり、膝が腫れたりする患者さんもいます。

変形性膝関節症の発生要因

変形性膝関節症は、その発症要因によって2つに分けられます。1つは、明確な要因がない加齢変化や、肥満が要因の一次性変形性膝関節症、もう1つは、けがや病気などの明確な要因がある二次性変形性膝関節症です。

一次性変形性膝関節症は、加齢や性別、体重、スポーツによる膝のオーバーユース*などのさまざまな因子が複雑に絡み合うことで発症すると考えられており、要因が単一ではありません。特に、高齢になるにつれ罹患率が高くなることから、発症要因として加齢が関与しているといわれています。また、軟骨は加齢により劣化することが確認されており、軟骨の擦り切れる量に対する修復能力が追いつかなくなることも要因のひとつになりうると考えられています。

一方、二次性変形性膝関節症は、膝周辺の靱帯や半月板の損傷、関節炎骨折、代謝性疾患などの明確な要因があり、骨粗鬆症も原因のひとつになりうると考えられています。

変形性膝関節症を予防するためには

変形性膝関節症を予防するためには、発症の要因となるリスクファクター*を減らす必要があります。リスクファクターとしては、正座など膝関節に負担のかかる体勢をとることや筋力の低下、肥満、下肢のむくみなどが挙げられます。

変形性膝関節症を予防するためには、日常生活の中で対策を行うことが大切です。たとえば、正座や和式トイレでしゃがむといった膝に負担のかかる姿勢を避けることや、大腿四頭筋などの筋肉を鍛えること、温めて血流をよくしてから関節を動かすこと、肥満を指摘された方の場合には減量するといった方法があります。また、リスクファクターに対する対策を行うことに加え、水中歩行などの膝に負担の少ない運動を日常的に行い、筋力をつけることもよいとされています。

 

24時間受付
予約フォーム