ヘッダーロゴ

代わりの画像

ばね指

手や指には腱というスジが通っていて、それによって指を曲げたり伸ばしたりすることができます。腱(屈筋腱)は前腕の筋肉に引っ張られて動きますが、この時に腱を包んでいる鞘(腱鞘)と摩擦を起こします。

この摩擦に体質や加齢や手の使い過ぎなどが重なると、腱の周囲に炎症が起き、指の付け根に痛みや腫れ、熱感を生じます(この状態を腱鞘炎と呼びます)。これが慢性化すると腱が変性して膨らんだり、腱の癒着が起こったり、腱鞘のトンネル部分が狭くなってきます。

ばね指とは、指を動かすときに膨らんだ腱が狭くなった腱鞘のトンネル内をうまく通れずに、カクンカクンとばねのような動きをしたり、指が曲がらなくなったり、しっかり伸びなくなるまで腱鞘炎が悪化した状態です。

ネット予約